HOME>特集>見せ方が上手かったり、相談しやすい特徴がある

とっておきが商品になっている

住宅模型

世田谷の住宅展示場は、私たちが気になる住宅より、ハウスメーカーなどの「とっておき」の住宅を中心に展示されています。それだけに、ジャグジーバスなどの豪華設備はオプションの場合も多く、確認が必要ですが、設備仕様や使われている建材や素材などは参考にできます。

会社の種類

間取り図

住宅展示場を開催している会社も様々で、世田谷エリアを中心に家づくりを手がける会社ばかりではありません。例えば、建設会社(工務店系)は、大手住宅メーカーから地域密着の工務店まで様々ですし、最初から家づくり専業会社としているところと重複する部分も多いようです。

設備や内装というカテゴリー

家とお金

住宅展示場では、新築のみが展示されています。ですから、世田谷エリアの設備会社系も参入していて、水まわりの設備やメンテナンスを手がける会社です。なので、設備面で妥協したくないなら、相談会も実施しているでしょうから、話を聞いてみてもいいでしょう。展示されている今の設備をグレードアップさせたなら、どれくらいの資金が必要になるかも分かるでしょう。もちろん、インテリアショップ系も参入していますから、家具やカーテンなど、インテリアの商品知識を得られるよい機会です。

見せ方にも種類がある

内見

世田谷の住宅展示場は、一軒まるごと空間を体感できる展示方法が特徴です。ですから、モデルルームや写真などよりスケール感が分かり易いもので、キッチンのサイズはこれくらいがよさそうなど、開放感まで体感できます。また、デザインのアイディアソースがもらえる見せ方がされている住宅までがあります。

広告募集中